ソウル2019 今年の韓国って治安は大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
公園看板

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

2019年12月、韓国へ行ってきました。

今年は反日関連のニュースが多くて、韓国旅行の計画を断念した方もいたのでは?

tabizuma(タビズマ)が実際に行ってきたので、それについての感想をお知らせします。

治安は大丈夫?

大丈夫です。

ただし、外国であることはお忘れなく。

嫌な思いはしなかった?

5日間ソウルで過ごしましたが、一度も嫌な思いはしませんでした。

最後に訪れたのは3年前。今回のソウルでも3年前の印象と変わらず「韓国の人は優しいなあ」と感じました。

観光地では

定番の観光地には、ちゃんと日本人観光客がいます。

他の日本人観光客も、しっかり楽しんでいるように見えました。

日本人観光客が少ない穴場の観光スポットでも、特に問題は感じませんでした。

食堂では

宿泊しているゲストハウス近所の食堂や、街歩きしている途中の食堂も利用しています。

お客さんは現地の人ばかりで、日本人客はtabizuma(タビズマ)一人でしたが、お店の人も他のお客さんも「日本人」の入店に特別な反応はありません。

逆に「辛いの大丈夫?」と気にかけてくれて、辛さをマイルドにしてくれたり、「サービスだよ」と天ぷらをおまけしてくれた店もありました。

「日本を旅したことがあるよ」っていうフレンドリーな韓国人もいましたよ。

韓流ブームを経て

たくさんの日本人観光客を受け入れて来たソウルでは、日本人が過ごしやすいようにどんどん変化しています。

駅では、韓国の交通系カード「T-money」の購入やチャージする機械も日本語対応だし。

銀行のATMも日本語対応になっているし。

日本人が多く利用するお店には、日本語ができる店員さんがいるし。

反日感情は?

初めて韓国を訪れた18年前から11回目の韓国訪問になりますが、「日本で報道されているより、韓国人は日本が嫌いじゃない」という印象は変わりません。

むしろ「日本好き」な韓国人は、たくさんいます。

「反日デモ」などのニュースが多かった2019年のソウル、tabizuma(タビズマ)に反日感情を見せてきた韓国人は一人もいませんでした。

ただ、韓国に限らず「集団心理」は恐ろしいものです。

万が一、旅行中に「デモ」などの集会などに出くわした場合は、絶対に近づかないようにしてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。