【ジャイプール】サロヴァー・ポルティコホテルに宿泊!インド旅⑨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
部屋の様子

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

デリーからバスで6時間。

ジャイプールに到着しました。

ツインルームを贅沢に!

海外のホテルでは、シングルルームは一般的ではありません。

なのでtabizuma(タビズマ)のようにツアーに一人参加した場合も、ダブルルームやツインルームを利用します。

だからこそ、ツアー申込時に一人部屋追加料金を支払う必要があるんですよね。

この日の部屋はツインルーム。

2つのベッドをくっつけてくれているので、大きな体のtabizuma(タビズマ)も両手両足を大きく広げて眠ることができそうです。

一人なのに、枕とクッションが計6つ(笑)

部屋のチェック!

前日のデリー到着の時もそうでしたが、ホテルに到着すると、ガイドさんは「部屋に入ったら、設備を数点チェックをするように」と言います。

・ミネラルウォーターが配置されているか。

・トイレはちゃんと流れるか。

・シャワーのお湯は出るか。

安宿ならわかるけど、5つ星ホテルでも設備の確認が必要なんて、インドの設備の不安定さを感じました。

水OK、トイレOK。

シャワーはどうかな?

自分が濡れないようにシャワーヘッドを持ち、蛇口をひねります。

ザーって。

天井からシャワーが降ってきた。

高級ホテルだからこそある、天井シャワー。

靴も服も濡れてしもうた(涙)

慌ててシャワールームから飛び出したけど、蛇口を締めるためには、勢い良く降り注ぐ天井シャワーの下をくぐらなくてはならない。

靴と靴下を脱いで、ズボンを脱いで、Tシャツを脱いで、急いで蛇口の元へ。

急いでいるけど転ばないように慎重にね。

ホテルで豪華バイキング

さあ、これから夕食です。

部屋に荷物を置いて設備をチェックしたら、ホテル内のレストランに集合することになっています。

頭を拭いて、スーツケースからビーサンを取り出して、濡れてしまったズボンとTシャツと身につけます(笑)

お腹すいた。

いっぱい食べるぞー!!!

夕食画像

食べかけ画像でスミマセン。

バイキング型式で色々なインドカレーもあったのですが、おかずをメーンに食べました。焼きたてのナンは配りに来てくれるので、それはパン代わりに頂きました。

食後のチャイをゆっくり飲んで、お休みなさい。。。

朝食バイキング

朝から美味しい朝食をしっかり頂いて、チャイを飲む。

チャイ画像

時間を掛けて煮出してくてる無糖のチャイ。

日本に戻ってからも恋しくなるインドの味となりました。

この日はジャイプールの世界遺産を観光します。

前日に見たデリーの世界遺産があまりにも素晴らしかったので、ジャイプールの世界遺産もワクワク楽しみ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。