香港 夫婦旅⑨ 夜景「シンフォニー・オブ・ライツ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブルース・リー銅像画像

015年8月20~23日の日記

こんにちは。tabizumaです。

エッグタルトを買い食いしながら、
香港では絶対に外せない夜景観賞をするために
アヴェニュー・オブ・スターズに来てみました。

 

スポンサーリンク



 

観光客であふれている

香港夜景画像

 

「アヴェニュー・オブ・スターズ」に到着した時、まだほんのりと明るさが残っていた。

「シンフォニー・オブ・ライツ」が始まるまで、まだ随分と時間があったので、ブルース・リーの銅像と記念撮影したり、香港の有名人の手形を見たりして楽しんでいた。

 

ジャッキーの手形を発見!

ジャッキーの手形

 

数人の観光客が、一つの手形を記念撮影していた。

彼らが離れた後、誰の手形なのか、そっと確認してみた。

なんと、夫が大好きな「ジャッキー・チェン」の手形ではないか!

すかさず、さっきの観光客と同じように、夫と私も記念撮影した。

 

私と夫が離れた後、さっきの私たちと同じように、別の観光客が誰の手形か確認をしに来た。

そして、同じように記念撮影をしていた。

 

日本人の私たちには、香港の有名人の名前を見ても知らない人が多い。でも、「ジャッキー・チェン」なら誰でも知っている。テンションが上がる。

気が付いた人だけが楽しめる、ちょっとした隠れポイント。ジャッキー・チェンの手形。

 

ちなみに、ここはブルース・リーが亡くなってからできた場所なので、ブルース・リーの手形は星だった。

 

トイレは大丈夫?

ペニンシュラ外観

 

シンフォニー・オブ・ライツの後にオープントップバスの「パンダバス」を予約していたので、今のうちにトイレに行っておきたかった。

夫と私が目をつけたのは、「ペニンシュラホテル」

ちょっくらトイレを借りに入ってみようか。

 

入口に行くと、ドアマンが笑顔でドアを開けてくれた。宿泊客でもないのに申し訳ない。

ラウンジでは、いろんな国の人々が会話を楽しみながらくつろいでいた。

その中に、日本人女子3人組がアフタヌーンティーの3段スイーツを食べていた。

めっちゃ羨ましい。。。

 

そんな姿を横目で見ながら、トイレを探す。

1階には無く、地下にあった。

地下には高級ブランドのお店が並んでいて、トイレだけ借りに来ていたのは私たちだけのようだった。

みんな、トイレはどうしているんだ?

 

憧れのペニンシュラをちょっと見学できて、嬉しかった。

 

シンフォニー・オブ・ライツ

香港夜景画像

 

夜8時になり、「シンフォニー・オブ・ライツ」は始まった。

音楽に合わせて、色とりどりな光が踊る。

たくさんの観光客の頭と、カメラを持つ手が、すごくジャマだけど、雰囲気はとてもいい。

香港旅行に来たなら、夜景観賞はやっぱり欠かせない。

シンフォニー・オブ・ライツの音と光があると、なお良い。

 

この後は、ずーっと乗ってみたかったオープントップバス「パンダバス」に乗車。

それは、明日更新しますね。

 

よかったら、tabizumaの旅行ブログ(香港編)も覗いてください。

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。