女一人旅~ルアンパバーンをぶらぶら歩く!観光地巡り(午前の部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

ラオスのルアンパバーン2日目、ぶらぶら歩いて街を散策することにしました。

なんてったって、ルアンパバーンは街全体が世界遺産なんだもの!


スポンサード リンク


自由な時間が一人旅の良さ

ゲストハウスが用意してくれる朝食をテラスでゆっくり。

ルアンパバーン滞在中は、毎朝贅沢な時間を過ごしました。

時間を自由に使えるのが、一人旅の良さの一つ。さて、そろそろ出かけようか!

メコン川

これが、有名な「メコン川」

メコン川を眺めながら、とりあえず川沿いの通りをぶらぶら歩きます。

ん?何だコレは?

通り沿いの川の反対側に、白くて巨大な塀が現れました。

これきっと観光ポイントじゃない?と、tabizuma(タビズマ)センサーが反応!

でも、入り口が見つからないなあ。。。

やっと塀の切れ目を見つけて、中に侵入。

ルアンパバーン国立博物館

じゃーん!ルアンパバーン国立博物館でした。

庭などを見学し、さあ中に入ろうと階段を登り始めた瞬間、「CLOSED」と書かれた看板が掲げられました。

えー?まだ11時なのに、もうランチタイムなの?

「今なら、ギリセーフだよ」

係のおじさんは、tabizuma(タビズマ)を中に入れてくれようとしたのですが、

「チケットは?」

裏口から入ってしまったtabizuma(タビズマ)は、まだチケットを買っていなかったのです。

親切なおじさんは「今すぐ買っておいで!」って言ってくれたけど、チケット売り場(正門)は少し遠い。

「午後にまた来るねー」

ルアンパバーン国立博物館は、11:00~13:30の間は中に入れませんのでご注意ください(笑)

博物館の正門側は、ルアンパバーンのメイン通り。夕方になるとナイトマーケットの会場になります。

今度はちゃんと正門を通り外に出て、ぶらぶら歩きを再開。

お店を覗いたり、マッサージ屋さんの料金表を覗いたり。

お寺巡り

古都であるルアンパバーンは、日本で言えば京都のような存在。観光ポイントは、大半がお寺です。

ガイドブックに載っているお寺は、ほとんどルアンパバーンの中心地にあるので、tabizuma(タビズマ)のように歩いて巡ることも可能です。

でも自転車をレンタルした方が少しラクかも。だって気温は40度!疲労感は半端ないです。

名物はカオソーイ

休憩も兼ねて、お昼を食べまひょ!

ダラ・マーケットの交差点にある食堂に入ってみます。

ルアンパバーン名物「カオソーイ」

チェンマイでも食べたけど、味は全然違うんだな。

チェンマイのはカレー味だったけど、ルアンパバーンのは胡麻味噌味?

麺の種類も違います。

うまく表現できないけれど、tabizuma(タビズマ)はこちらのカオソーイの方が好みです。

付け合わせの野菜に「生もやし」が。もやしって生で食べて大丈夫なのかなあ。

勇気を出して、器にイン!

ルアンパバーンのカオソーイ麺はきしめんっぽい柔らか麺なので、生もやしのしゃきしゃき感が絶妙にいい!

とっても美味しかったです。

お店の人がバナナもくれた(^^♪

遠慮なく、バナナもむしゃむしゃ食べました。しかも2本。

日本で売られているバナナより、小さくてねっとりしていて、バナナも美味しい!

さあ、お腹も満たされたし、観光を続けよう!

「ルアンパバーンをぶらぶら歩く!観光地巡り(午後の部)」に続く・・・

前日のブログ→ ルアンパバーンの夕食はナイトマーケットで!

tabizuma(タビズマ)の珍道中 ルアンパバーン一人旅はこちらです(^-^)/

【関連ブログ】

女一人旅~ラオスのルアンパバーン 服装・持ち物編

スポンサード リンク



海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。