【ジャイプール】ランチはターリー インド旅⑭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バナナラッシー画像

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

充実したジャイプール観光が終わり、ランチタイム。

今日のランチは「ターリー」だって!ところで、ターリーって何?

ターリーとはインド版定食

ターリーとは「お皿」という意味で、一つのお皿に主食やおかずが乗っているメニューです。

日本で言えば、一つのお盆にご飯や味噌汁やおかずなどが乗った定食メニューみたいな感じですね。

実際のターリーはこちら。

ターリー画像

ご飯と数種類のナンやパリパリ、スープ、おかず、デザートが乗っていました。

昨日のタンドリーチキンもそうだったけど、今日のターリーも、やっぱりカレー(笑)

インドを旅行してる感じが満喫できて、嬉しいですね!

世界一甘い!グラブジャムン

グラブジャムン画像

ターリーに乗っている梅干しのような丸い物。

みなさん、何だと思いますか?

tabizuma(タビズマ)も何かわからなかったので、とりあえず口に入れてみました。

じゅわーっと滲み出る甘いシロップ。

これは丸いドーナツをシロップ漬けしてしまった「グラブジャムン」というインドのスイーツで、世界一甘いお菓子とも称されているそうです。

ドーナツをシロップに漬け込んじゃうなんて、なんて発想が豊かなの?とも思いましたが、日差しが厳しいインドでは保存方法の一つとして生まれたのかもしれません。

また、暑さが厳しい国々では、脳天を貫くような強烈に甘いデザートやドリンクが存在します。日本で生活する私達の味覚では攻撃的な甘さに感じますが、現地で暑さでヘロヘロになっている時に口にすると、甘さが体中に行き渡り、気力体力が復活するのもtabizuma(タビズマ)の実体験です。

インドの人々も、グラブジャムンの甘さに支えられて、暑さを乗り切っているのかしら?

クーラーの効いたレストランで食事をしながら、こんなことを考えていました。

前日のランチは「マンゴーラッシー」を飲んだので、この日は「バナナラッシー」を注文しました。甘い!(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。