【クアラルンプール】アフタヌーンティーでセレブなひとときを!弾丸マレーシア旅行⑨

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
3段スイーツ画像

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

tabizuma(タビズマ)が今回の旅行で一番楽しみにしていたこと。

なんと!高級ホテルでアフタヌーンティーをやっちゃいます!!

シャラトンホテル・クアラルンプール

シャラトンホテルロビー画像

もう、ロビーから、めっちゃキラキラしてるやんけ!

tabizuma(タビズマ)がアフタヌーンティーを予約したのは、シェラトンホテル。

このクラシカルな素敵な階段を上がったところがラウンジです。

RESERVED

迎え入れてくれたホテルマンに、予約済みのプリントを見せると、すぐに席に案内してくれました。

その席には「RESERVED」の立て札が置かれていて、ちゃんと予約されていたことにホッとしました。しかも、一番奥のめっちゃ居心地が良さそうな席。

ドリンクを注文して、3段スイーツを待つ間、夫がトイレに行きました。

ホテルマンは一人で待つtabizuma(タビズマ)の元へドリンクを運び、アフタヌーンティーの時間制限などのシステムを説明してくれました。

英語での説明だったので、部分的にしか理解できなかったけど。

戻ってきた夫に「ドリンクは飲み放題みたいだよ」と伝えるtabizuma(タビズマ)。「たぶんね」

フリーフローって何?

夫が席に戻り、今度はtabizuma(タビズマ)がトイレへ。

tabizuma(タビズマ)の英語力を察したホテルマンは、tabizuma(タビズマ)が席を外している間に、グーグル翻訳で日本語に訳した説明文を夫に見せに来てくれたそうです。「ドリンクはフリーフローです」

tabizuma(タビズマ)に恥をかかせないように、席を外した間にフォローをいれてくれるなんて!素晴らしいホテルマンです。

ところで、フリーフローって何?

困ったときはグーグル先生に聞いてみよう!検索、検索!

フリーフローとは

シャンパンやワインなどを好きなだけ注いでもらえるドリンクプランの名称です。要するに、「飲み放題」ってことですね!

3段スイーツ

3段スイーツ画像

豪華ですねー!

ジャムが挟まっているように見えるサンドイッチは、スモークサーモンとビーツ(それとも赤カブ?)のマリネが挟まっていて、衝撃の美味しさ!

スコーンの段にある小皿には、なめらかなバター、果肉たっぷりイチゴジャム、マンゴーのカスタードクリーム。

ドリンクも最初は冷たいドリンクをガブガブ飲んで、スイーツゾーンはブラックコーヒーで楽しみました。

どれもこれも、上品かつ最高に美味しい!高級ホテルの味ですね!

予約について

tabizuma(タビズマ)がアフタヌーンティーの予約に利用したのは、HISのホームページです。

気になる料金は、一人 53リンギット(1,430円)でした。

直接ホテルに行ってもいいのですが、

過去に、ベトナムのホーチミンにて「今日はやってないから、明日来て」

フィリピンのセブ島にて「まだやってないから、2時間後に来て」

という経験があったので、事前に日本語で予約できるのは本当にありがたいと思います。

東南アジアではトイレのウォシュレットに注意!

ちょっとトイレの話を挟みますので、都合の悪い方は飛ばしてください。

マレーシアのトイレって、日本人にとっては微妙です。その点、シェラトンホテルのトイレは清潔で安心して使えます。

ウォシュレットも東南アジアではミニシャワー方式が定番なのですが、ここのトイレは日本と同じように便座内に付いていました。

違う点といえば、スイッチがボタン式でなく、蛇口式だったこと。

そーっと蛇口をひねったつもりでした。

なのに、すごい勢いで!

アフタヌーンティー画像

優雅にアフタヌーンティーを楽しんでいますが、この時のtabizuma(タビズマ)のパンツはビショビショです。

みなさん、お気をつけ遊ばせ。

【関連ブログ】

tabizuma(タビズマ)の旅を動画でも見られます!

高評価とチャンネル登録もよろしくね!\(^o^)/!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。