台湾縦断の旅⑬ 台中の旬な観光スポット「彩虹眷村」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
彩虹眷村画像

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

台中に到着すると、外はどしゃ降りの雨でした。

だって、台湾全土で「大雨警報」が発令されているのですもの。

台中の旬な観光スポット「彩虹眷村」

「彩虹眷村」とは、再開発予定地になった地域に住んでいた一人のお爺さんが、その村の建物に絵を描いていったところ、その絵が可愛すぎて観光地化してしまった!という場所です。

タクシーを降りると、ちょうど雨が止みました。

目の前にはカラフルな塀とカラフルなお家。

一気にテンションが上がります!

めっちゃインスタ映えやんけ!

ついてる!と思ったのもつかの間、土砂降りの雨に。

しばらくトイレの入口で避難していましたが、いっこうに雨がおさまる気配がありません。

覚悟を決めて、このカラフルな可愛い世界を観光します。

カラフルな可愛い世界

彩虹眷村画像

持参していたカッパを着て(夫の分はありませんので自分だけ着用しました)、片腕は傘を持ち、片手はこの可愛い世界をスマホで撮影します。

どこを撮ってもインスタ映え。

あー、晴れていたら、絶対すごい楽しいのに!

あっという間に、靴の中まで雨水でジャボジャボになり、片手での撮影はスマホを上手く支えきれずグラグラするし、楽しいけどツライ(笑)

でも、人が少ない中、写真をいっぱい撮れたのは、この雨のおかげかも。

お土産グッツも可愛い!

彩虹眷村グッツ画像

敷地内では、このカラフルな世界を使ったグッツが販売されていました。

失神しそうなほど、可愛い!

画像の傘や、他にもTシャツやマグカップなど、様々なアイテムが販売されていました。メモ帳などの文房具も見かけたような気がします。

晴れていたら、tabizuma(タビズマ)も自分土産に何か買っていたかもしれません。

あまりの大雨で、財布を出す気力すらありませんでした(笑)

台中のタクシーがヤバイ!超高速メーターだった!

新幹線駅「高鉄台中駅」から「彩虹眷村」までの移動についてですが、tabizuma(タビズマ)と夫はタクシーを使いました。

メーターが上がるたびに「ピ!」となる音。

なんか速くない?

気がついたら、あまりにも「ピ!……ピ!……ピ!……」

このサイクル、絶対おかしい!(笑)

それでもタクシー代は118台湾ドル(約410円)でした。

帰りのタクシーは、「200台湾ドル(約690円)を払うなら乗せる」という強気な運転手でした。

他にタクシーはいなかったし、なんせ大雨だったので、そのタクシーを利用しました。

行きも帰りも数百円だし、二人分の交通費だし、雨がザーザー降っていたし、まぁいいか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。