台湾縦断の旅⑳ 最後の最後まで台湾の食べ物を楽しもう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
台湾グルメ画像

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

「饒河街観光夜市」を楽しんだ後ですが、台湾で過ごす最後の夜。

ギリギリまで台湾の食べ物を楽しみます!

tabizuma(タビズマ)と夫は、すっかり疲れた足取りで、滞在しているホテルの最寄り駅まで戻ってきました。

駅からホテルまで徒歩で10分程度の道のりを、前日とは別の通りを選んで歩いてみることにしました。

台湾グルメをテイクアウトで楽しむ

tabizuma(タビズマ)も夫も、もう少し何か食べたいけど……

疲労感に襲われて、食堂で食事する気力がありません。

と、その時、通りすがりの食堂でお弁当販売をしているではありませんか!

食堂画像

tabizuma(タビズマ)と夫は適当に「三杯雞飯」を選び、二人でシェアすることにしました。

こちらでは注文してからお弁当を作ってくれて、できたてホヤホヤ。店内のイスに座って待たせてもらっている間、チキンを焼く匂いが美味しすぎて、今すぐ食べたい気持ちです。

温かいお弁当を抱え、細い通りを歩いていると、今度は「豆花」のお店。

看板画像

果物屋さんと食堂が並んでいて、果物屋さんの店先でフルーツジュースと「豆花」などのデザートを販売していました。

豆花

「豆花」ってご存知ですか?

台湾や香港でよく見かける豆腐のデザートで、豆花自体に甘みが無いので甘いシロップがかかっています。お店によっては、温かい物と冷たい物から選ぶことができます。

トッピングも店によって違い、タピオカや茹でたピーナッツ、小豆、その他の豆など色々あります。

ここでは、茹でたピーナッツをトッピングしてくれました。

コンビニもチェック!

最後に通りすがりのファミリーマートに寄りました。

tabizuma(タビズマ)が好きなのは、このシリーズ!

コンビニドリンク画像

木瓜牛乳(パパイヤミルク)も西瓜牛乳(スイカミルク)もどちらも美味しいので、みなさんもぜひ試してみてください(^o^)

ホテルに到着して、買ってきた物を机に広げ、あっという間に二人で平らげました。そして思ったこと。「弁当は2つ買うべきだったー」作りたてのお弁当が想像以上に美味しかったです。

三重駅エリアが便利だった

今回、tabizuma(タビズマ)と夫は台北駅から一駅の「三重駅」エリアのホテルに滞在していました。

宿泊ホテルはジョイホテル サンチョン Booking.com で予約しました。

ホテルの周辺には飲食店が多く、大変便利な場所でした。

翌朝、ホテルの朝食バイキングで台湾らしい朝食メニューをたくさん食べて、ホテルをチェックアウト。

空港鉄道を利用して、桃園空港に移動しました。

空港のフードコートもチェック!

桃園空港には小さめですが、フードコートがあります。

あっ!ビックチキンを発見!

前日の夜市では大行列で諦めてしまった「大きな鶏のからあげ」も売っていました。どのくらい大きいかって? 女子としては大きめのtabizuma(タビズマ)の顔が隠れてしまいそうな大きさです。

最後の最後に、大好きなビックチキンを食べることができて嬉しい!

揚げたてアツアツ、とても食べきれないので、ビックチキンを持ったまま出国。

当然ですが、からあげなので液体検査にも問題ありません。ほのかに香る八角臭を感じながら、フライト前のベンチで美味しくいただきました。

日本の味も最高だな

約4時間半のフライトを経て、無事に千歳空港へ到着しました。

「はなまるうどん」で日本のダシの美味しさに感動!そして、ソフトクリームを食べて北海道の味にも感動!

台湾グルメもとっても美味しいけど、やっぱり日本の味は最高だな!

おわりに

この記事でゴールデンウイークを利用したtabizuma(タビズマ)と夫の「台湾縦断の旅」は終了です。

一人旅が大好きなtabizuma(タビズマ)ですが、久しぶりの夫との旅は、楽しさも美味しさも共有できて良かったです。

二人だと食べ物もシェアできるので、沢山の種類を食べられたし(笑) 何より「夫がいる安心感」のある旅となりました。

移動時間が多めで忙しく大雨にも見舞われたけど、エステもマッサージもナシの旅だったけど、いくつもの初めての町を歩いて美味しい物をたくさん食べて、とーっても楽しかった。

最後まで読んでくれたみなさま、現地で親切にしてくれた台湾のみなさま、わがままな妻と旅してくれた愛するダンナ様、本当にどうもありがとう!謝謝!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。