30代女一人旅⑫ 台湾「猫空」下りはバスに乗ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
猫空バス停

こんにちは。tabizuma(タビズマ)です。

台湾へ一人旅。

山の上にある「猫空」という所。上りはロープウェイに乗ったので、下りはバスに乗ることにしました。

スポンサード リンク


 

バス停を見つけた!

バス停

薬膳スープと台湾茶で、お腹がちゃぽちゃぽになっているtabizuma(タビズマ)は、そろそろ帰りまひょとバス停にやってきました。

関連ブログ
**30代女一人旅⑪「猫空」で食べ歩き~台湾茶を満喫~**

バス代は15元

バス停案内板

この表示から、バス代は15元だと予想。

自分の持っている小銭を数えてみたら・・・

小銭

13元しかない。

さっきのイカ焼きで小銭を使っちゃったから・・・

台湾のバスでは、おつりを用意していないことが多いって、ガイドブックで読んだような気もするし・・・

山を下山するだけのバスで、悠遊卡(EASY CARD)が使えるかも微妙。。。

両替するしかないか・・・

悠遊卡(EASY CARD)が便利

猫空駅のインフォメーションで、両替を頼んでみましたが、してもらえず。

コンビニで、両替を頼んでみましたが、してもらえず。

ロープウェイ乗り場で、頼んでみましたら、してもらえました!

「10元玉」と書いて、メモ帳を見せると、「チケットはここでも買えます」と日本語で応対してくれた係員のお兄さん。

たが、tabizuma(タビズマ)はロープウェイに乗るためにロープウェイ乗り場に来たわけではない(笑)

「バス・・・」と言って、バス代のために小銭がほしいと意思表示すると

「バス代は15元です。5元もいりますか?」

カタコトな日本語だけど、丁寧に応対してくれました。

結局、猫空からの下山バスでも、悠遊卡(EASY CARD)が使えたのですが。

バスが来ない

手に入れた15元を握りしめ、さっきのバス停でバスを待つ。

待てども待てども、来るバスには「不下山」の張り紙がしてありました。

下山するバスは、本当に来るのだろうか・・・

バスは諦めて、素直にロープウェイで帰ろうか・・・と、考え始めているとき・・・

ん?

バス停間違い

猫空バス停

向こうに長い行列が。

気になって近くに行ってみると、ここもバス停じゃないか!

っていうか、下山バスのバス停はここでした(笑)

発車時刻の確認を

時刻表を確認すると、下山バスは一時間に一本でした。

ちょうど次のバスが来る時間です。

だから急に長い行列ができたんですね(笑)

みなさんは無駄な待ち時間を作らないように、事前にバスの時刻を確認してから猫空を散策してくださいね。

結局tabizuma(タビズマ)は、一時間近くも無駄にしてしまったので(笑)

猫空の風景

 

長い行列、全員乗れるのか?

一時間に一本のバス停に、たくさんの人が並んじゃってます。

全員乗れるのだろうか・・・

一時間も待ったのだから、絶対にバスで帰りたい。

tabizuma(タビズマ)は、なんとかバスに乗り込みましたが、後ろの人たちは無理でした。

小さなバスにぎゅうぎゅうに詰め込まれた人間の一人になったtabizuma(タビズマ)は、やばい酔いそう・・・とちょっと嫌な予感。

揺れまくり、わんぱく運転

バスは山道なこともあって、結構揺れました。

シートに座れなかった上に、tabizuma(タビズマ)の足元には小さな子供が立っていたので、足を開いて踏ん張ることもできない。

バスが揺れるたび、tabizuma(タビズマ)の大きなおしりも揺れて、隣に立っている子供の頭にがんがんあたります。

近くに座っていたおじいさんが、その子供に「ここに座りな~」って感じで自分の膝をポンポンしていました。

だが、その子供は断固拒否。

母親にしがみついて、離れません。

足元にいるじゃまくさい子供が、どうか、じいさんの膝に座ってくれますように・・・という、tabizuma(タビズマ)のはかない願いは届きませんでした(笑)

バス揺れは続き、足元の子供も気になる。やばい完全にバスに酔ってしもうた・・・

気持ち悪い。気持ち悪い。あと何分もつ?そう自分に問いかけながら、必死に胸をさすっていました。

猫空の景色

「動物園」駅で降りよう。

山道が終わったっぽい。

バスは平地になった道路を走り抜け、住宅街に入りました。

時々バス停で停まっては数人が乗り降りします。

路線バスじゃん。。。

てっきり山の麓の「動物園」でバスが停まり、そこで全員が降りるのだと思っていたので、tabizuma(タビズマ)はプチパニック。

バス酔いで吐きそうになっていたので、どこでもいいから次の停車で降りてしまおうか。。。とも考え始めていました。

このバスはどこに向かっているんだろう。

怖くなって、メモ帳に「動物園」と記入して、近くのおばさん人に尋ねました。

「ウイズ ミー」

しばらくして、バスが「動物園」駅につくと、おばさんはここだよって感じで教えてくれ、一緒にバスを降りました。

ちなみに、バスに乗っていたほとんどの乗客は、ちゃんとここで降りていました。

30代女一人旅in台湾⑬へ続く・・・

 

関連ブログ
**30代女一人旅⑨ 台湾で「猫空ロープウェイ」**
**30代女一人旅⑩「指南宮」台湾の猫空ロープウェイを途中下車**
**30代女一人旅⑪「猫空」で食べ歩き~台湾茶を満喫~**

 

tabizuma(タビズマ)の30代女一人旅in台湾の旅行記一覧はこちらです(^-^)/

 

スポンサード リンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。