台湾縦断の旅⑮ 台中市内観光「文化部文化資産園区」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
外観画像

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

もう日が暮れ始めていますが、歩ける距離に「文化部文化資産園区」という施設があるので、そこにも足を伸ばしてみます。

文化部文化資産園区

古い倉庫などを改築した無料のアート施設です。

「台鉄台中駅」やスイーツショップ「宮原眼科」からも歩いて行くことが可能な距離にあります。

施設内画像

雨降りの夕方なので、人っ子ひとりいませんが(笑)

この道の両サイドの施設が、それぞれのテーマに沿った展示会場となっています。

水下考古趣

施設内画像

tabizuma(タビズマ)と夫は左側の手前の施設に入りました。

そこは「水下考古趣」

「海中散策の歴史」という感じ?

中国語表記でしたが、展示物が多いので、子供も大人も展示内容は理解できそうです。

他にも、施設ごとにテーマがありましたが、現在準備中の施設も多く、ちょっと残念でした。

家族連れにもオススメ!

施設内画像

結構広めの施設で、公園のような大きな庭もありました。

天気のいい昼間なら、家族連れで賑わっているのではないでしょうか。

トリップアドバイザーの評価は高い!

tabizuma(タビズマ)と夫が訪れたのは、大雨警報中の夕方で、他の観光客はほとんどいませんでした。

天気と時間帯のせいで、全体的に寒くて薄暗くて。ずぶ濡れで気力体力がギリギリだったこともあり、こちらの施設を充分に散策できませんでした。

トリップアドバイザーの評価は高いので、おそらく晴れた日の昼間なら満足できる施設なのだと思います。

台中の大仏様

また、今回は天気の都合で断念しましたが、台中には大きな大仏様がいる「宝覚寺」という有名な観光地があるんです。

大仏様が大好きなtabizuma(タビズマ)としては、次回の台中訪問(リベンジ)の際には、ぜひご挨拶したいものです。

さあ、すっかり日が落ちて暗くなってきました。今日中に新幹線で台北まで移動します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。