女一人旅inソウル⑨ 帰国~最後のトラブルは~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ホットク画像

こんにちは。tabizuma(タビズマ)です。

ソウル4日目、あっという間に帰国日です。

トラブルなく、すんなり帰りたいのは山々ですが・・・

そうならないのがtabizuma(タビズマ)の一人旅。

スポンサード リンク


 

レーザー治療したので

前日にシミ取りレーザー治療をしたtabizuma(タビズマ)は、顔も洗えず、頭も洗えず、メイクも出来ず、顔面中が絆創膏だらけ。

さあ、勇気を出してお披露目します。

じゃーん!!!

絆創膏だらけ画像

あまりにもブスすぎて(笑)

目だけキラキラさせていただきました(笑)

ホットクを探せ!

tabizuma(タビズマ)は韓国の「ホットク」が大好き!

ホットク画像

tabizuma(タビズマ)が数年前に食べたホットク

いつもソウルを歩いていると、偶然ホットクの屋台を見つけて食べるのですが、今回は一度も見かけなかった。

ホットクって、どこで売ってるの?

とりあえず、帰国の時間が迫っていたので金浦空港へ。

諦めきれずにネット検索していると、なんと!金浦空港に隣接されているショッピングモール「ロッテモール」でホットクを売っているもよう。

搭乗手続きを済ませ、ロッテモールの開店を待つ。

そして、開店と同時にダッシュ!

この顔で(笑)

絆創膏だらけ画像

ロッテモールって思っていたよりデカい。

ネット情報を頼りに探してみるが・・・無い。

ロッテモールで働く人々にも聞いて回るが・・・無い。

無念じゃ。。。

修学旅行生が!

パスポートチェックなどで、何度か「マスクを外してください」と言われつつも、目立たぬように羽田空港へたどり着いたtabizuma(タビズマ)。

韓国では顔中が絆創膏だらけでも、みんな気にもしませんが、日本ではチラ見されます。

当然ですね。

ですが、みなさん大人ですから・・・

チラ見はしても、見て見ぬふりをしてくれるのです。

が、バッドタイミングで修学旅行生の団体と遭遇。

tabizuma(タビズマ)がいる北海道行きの隣のゲートに修学旅行生の団体がいるのです。

ベンチも一緒。

トイレも一緒。

やべえ。。。

だって、この顔ですよ。

絆創膏だらけ画像

大人なら見て見ぬふりをしてくれますが、修学旅行生ってすぐ悪乗りするでしょ。

こんな顔面の女がいたら、餌食にされちゃうよ。。。

ドキドキ・・・

なるべく修学旅行生に背を向けるように過ごしました。

帯広空港にて

さあ、早く家に帰ってシャワー浴びたい。

顔は洗えないけれど。

帯広空港までたどり着き、雪と氷でガチガチに凍ったマイカーの元へ。

あれ?車の鍵はどうしたっけ?

雪の上でスーツケースを広げて、鍵を探すが見つからない。

空港に戻って、再びスーツケースを広げて鍵を探すが見つからない。

 

どうしよう。。。

家に帰れない。。。

 

もしかして、鍵落としちゃった?

インフォメーションに落し物があるか確認したいけど、誰もいないし。

 

どうしよう。。。

このままじゃ、家に帰れない。。。

 

困ったtabizuma(タビズマ)は、そばにいたJALのお姉さんに相談しました。

エア・ドゥに乗って帰って来たくせに。

 

JALのお姉さんの協力で、無事に車の鍵が見つかりました。

車の鍵画像

JALのお姉さん、ありがとうございます。

どうやら、4日前の出発時に落としていたようで、拾った方が届けてくれていたようです。

4日間、車の鍵がないことに全然気が付かなかった。

相変わらず残念な人ですね、tabizuma(タビズマ)は。

JALのお姉さんに連れられて、落し物を管理している管理室に行ったり、身分証明書を提出したり、受け取り証明書を記載したり。

車の鍵を探し始めてから、1時間ほどが経過しました。

この顔で(笑)

絆創膏だらけ画像

 

tabizuma(タビズマ)のソウル一人旅の旅行記一覧はこちらです(^-^)/

 

<関連ブログ>
**女一人旅inソウル② Wifiを受け取り忘れ出国**
**女一人旅inソウル③ チキンな夜**
**女一人旅inソウル⑥ チムジルバンで救急車**
**女一人旅inソウル⑧ 韓国でシミ取りレーザー治療してみた。**

 

スポンサード リンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。