夜の浅草で「どじょう鍋」を食べてきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
店内の様子

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

みなさんは、「どじょう鍋」を食べたことはありますか?

今日は、どじょう鍋を初体験!のお話です。

浅草で、東京に住む友人二人と待ち合わせ。

東京のことが全くわからない田舎者のtabizuma(タビズマ)のために、浅草通な友人が夕食のお店を選んでくれていました。

連れて行ってくれたお店は……

どじょう鍋の店「駒形どぜう 浅草本店」

店の外観

「どじょう」って、食べたことが無いのですが……

tabizuma(タビズマ)も、もう一人の友人も、この反応(笑)

でも、せっかく浅草通な友人が選んでくれたお店だし、江戸感漂うこの外観!どんなお店なのか、すっごい気になります。

店内の様子

店の中もすげー!!! めっちゃ江戸時代!

浅草通な友人は、何度もここで食事をしているらしく、当然のように座布団席を一つ選び座りました。もう一人の友人とtabizuma(タビズマ)もそれに習って、板を挟んだ向かいの席に座ります。

あっ、みなさんも気がついているとは思いますが、あの板はテーブルです。江戸時代のレストランは、こういうスタイルだったんですね。とにかく店内が江戸時代すぎて(笑)キョロキョロが止まらない二人でした。

どじょう鍋がキター!

ドジョウ鍋画像

浅草通な友人が注文してくれた「どじょう鍋」

おぉ、勇気が必須。ドキドキしながらどじょう鍋を見守っていると、一緒に運ばれた器に入っている大量のゴボウとネギを、どじょうの上に乗せて煮るのだと浅草通な友人が教えてくれました。

ドジョウ鍋画像

山盛りやんけ!(笑)

食べる時は、たっぷりと一味と山椒をかけていただきます。

初めてのどじょう鍋。アクセントのある薬味と一緒に食べることもあって、どじょうの臭みやクセは感じませんでした。店の雰囲気と一緒にどじょう鍋を楽しみました。今まで怖くて食べる勇気が無かったけど、友人のおかげで、また一枚新しい扉が開きました。

みなさん、まだ未経験なら、ぜひ試してみてくださいね!

tabizuma(タビズマ)シリーズ好評発売中!

みなさん、いつも応援ありがとうございます!

みなさんの応援のおかげで、tabizuma(タビズマ)の電子書籍がアマゾン・キンドルで好評発売中です。

旅妻ヤミツキ一人旅 ソウル編 
ソウルと水原を歩いてきた。380円

旅妻ヤミツキ一人旅 タイ・ラオス編
第1巻 タイのチェンマイを歩いてきた。 380円
第2巻 ラオスのルアンパバーンを歩いてきた。 380円
第3巻 タイのバンコクを歩いてきた。380円

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。