バリ島女一人旅⑧ 最終日~バリの市場と家庭料理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
バリのお母さんの画像

こんにちは。tabizuma(タビズマ)です。

バリ島最終日は、宿のお母さんが家庭料理を作ってくれました。

ヘッドスパやビーチにも行き、限られた時間いっぱい楽しみます。

スポンサード リンク


最終日の早朝に、宿のお母さんが市場へ買い物に行くので、一緒に連れて行ってもらいました。

バリの通り画像

まだ人通りの少ない通りをテクテク歩いて行きます。

朝の市場

市場画像

市場には地元の人がたくさん買い物に来ていました。

早朝の市場は地元の人のために日用品や食材を、その後は観光客向けにお土産屋さんが多くなるそうです。

食材をたくさん買った宿のお母さん。

バリのお母さんの画像

バランスよく荷物を頭に乗せて運びます。

きっとバリの女性たちは生活の中で体幹がしっかり鍛えられているんですね。

ジャムウ

市場からの帰り道、屋台で健康ドリンクを売っていました。

ジャムウ画像

「ジャムウ」というらしいです。

tabizuma(タビズマ)も一杯チャレンジ。

「にがー!」って日本語で言ったら、ハチミツを足してくれました。

それでも苦かったけど。

tabizuma(タビズマ)の舌によると、ウコンベースのドリンクだと思われます。

そりゃ苦いわ。

お母さんの家庭料理

料理画像

たくさんの品数を作ってくれました。

どれもこれも美味しくて、ご飯をおかわり!

お腹いっぱい頂きました。

ヘッドスパ

前日にエステに行ったばかりですが、この日はヘッドスパに。

美容室画像

tabizuma(タビズマ)が来たのは、エステサロンではなく地元の美容室。

ちょっとゴチャゴチャしている感じが、ローカル感満載です。

tabizuma(タビズマ)が知っているわずかな英単語とジェスチャーで乗り切ります。

ヘッドマッサージだけのつもりでしたが、「服を脱げ」というようなジェスチャーが。

頭だけでなく、腕や肩までしっかりとマッサージしてくれました。

この時の美容師さんとはインスタとフェイスブックで帰国後も繋がっています。

素敵な時代ですね。

ビーチ

バリのビーチ画像

tabizuma(タビズマ)の旅行ブログを読んでいたら忘れてしまうかもしれませんが(笑)

バリ島はビーチリゾートで有名です。

空港に送ってもらう途中に寄ってもらいました。

北海道の海が水風呂だとしたら、バリの海は温水プール。

北海道育ちのtabizuma(タビズマ)には、海が温かいことがちょっと衝撃です。

今度来るときは、水着を持って来よう!

バリまとめ

バリは蒸し暑くて、食べ物が美味しくて、パワースポットが点在している素敵な場所でした。

ビーチリゾートで楽しむことも可能ですが、伝統的なバリの生活を垣間見ることも可能で、その人にあった旅のスタイルを楽しむことができます。

バリの空気をたくさん吸って・・・パワーチャージ完了!

 

〈関連ブログ〉
**バリ島 女一人旅 マタハリハウスに宿泊**

tabizuma(タビズマ)のバリ旅行記一覧はこちらです(^-^)/

 

スポンサード リンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。