香港 夫婦旅⑩ オープントップバス「パンダバス」に乗ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
パンダバス画像

015年8月20~23日の日記

こんにちは。tabizumaです。

スター・オブ・アヴェニューからのシンフォニー・オブ・ライツもそこそこに

予約していたパンダバスに乗り込みます。

 

スポンサーリンク



 

オープントップバス

夫と私が香港に来たのは3回目。

過去2回、観光中に屋根の無い2階建てのバスが走っているのを目にしていた。

そのバスは赤くてパンダのイラストが描かれていた。

次に来たときは、絶対あのパンダの赤いバスに乗ってみたい。

こうして、今回の香港旅行でやりたいことの一つにオープントップバスに乗ることが追加された。

 

パンダの赤いバス

パンダバス画像

 

香港ではいくつかのバス会社で、オープントップバスからの夜景観賞ツアーを取り扱っている。

私は絶対にパンダの赤いバスに乗りたかったので、パンダバスに申し込みをした。

香港ナビというサイトからの事前予約で、

二人で8200円だった。

「スター・オブ・アベニュー」という夜景ポイントから、シンフォニー・オブ・ライツを楽しんでいたが、パンダバスの予約時間が近づいてきたので、最後まで見ないで途中で移動した。

 

日本人集合

パンダシール画像

 

集合場所のカオルーンホテルのロビーに移動すると、一角に日本人が集まっていた。

みんな、パンダバスに予約している日本人だろう。

その日本人たちのそばに行くと、日本語を話せる香港人ガイドさんがパンダのシールを貼ってくれた。

 

みんな2階席

パンダバス2階席画像

 

結構な人数の日本人がいたので、2階席に乗れなかったらどうしよう・・・という不安がよぎった。

その不安を夫に伝えると、「観光客用のバスツアーなんだから、みんな2階席に乗れると思うよ」と夫は冷静に言った。

パンダバスに乗り込むと、普通に全員2階席に案内された。

 

看板が間近に

香港ネオン看板画像

 

2階建てバスに乗ったら、絶対に立たないでください。看板に頭をぶつけてしまうから(笑)

香港名物の一つになっている、手が届きそうな看板たち。2階席からだと、とても近くて興奮した。

 

撮影タイム

香港ネオン看板画像

 

看板がたくさんあるエリアでバスが停車した。

日本語が話せる香港人ガイドさんは、一組ずつ写真を撮ってくれた。

自分たちのカメラで撮ってくれて、とても嬉しいサービスだ。

最近は香港も不景気らしく、ネオンが消えてしまっている看板が多いのがちょっと残念。

 

ジェットコースター

パンダバスからの画像

 

屋根のないバスに乗りながら、香港の夜景を楽しむなんて、とっても贅沢。

夜でも暑い香港では、風がとても気持ちいい。

 

突然、ガイドさんが

「ジェットコースターのお時間でーす!」

 

バスがスピードアップ!特にバイパスをくぐる時は絶叫!

スリル満点な体験でした。

 

日本語ができるガイドさん

パンダバスは観光客は全員日本人。言語ごとに予約を分けているようだ。

日本人担当のガイドさんは当然、日本語を話せる人だった。

バスから見える風景や景色など、丁寧に説明してくれて、写真も撮ってくれて、とても親切な女性だった。

 

ついでに女人街

女人街画像

バスを降りる所は、数箇所から選べる。

夫と私は「女人街」で降りた。

香港3回目にして、実は「女人街」に来たのは初めて。

結構高かったので、何も買わなかったけど、雰囲気だけ楽しんだ。

 

パンダバスに乗った感想

パンダバスからの風景画像

 

パンダバスは風が気持ちよくて、スリリングで、香港人の生活が少しだけ垣間見れて、とっても楽しかったです。

香港に行く際には、ぜひ皆さんも一度は乗ってみたら楽しいと思いますよ!

 

もしよかったら、tabizumaの旅行ブログ(香港編)も覗いてください。

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。