香港 夫婦旅⑥ 沙田で飲茶ランチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
飲茶画像

2015年8月20~23日の日記

こんにちは。tabizumaです。

二日目、
「萬佛寺」(万仏寺)「香港文化博物館」を観光。

お腹が空いたので、ランチにしましょう。

今回、香港でやりたいことの一つ・・・ワゴン式の飲茶やさんで食べること!

 

スポンサーリンク



 

沙田駅にショッピングモールあり

沙田駅外観画像

 

沙田駅には「新城市広場」という大きなショッピングモールが。

結構広くて、全部歩くのは無理っぽい。

夫と二人で、飲茶やさんを求めて、ふらふら歩いた。

 

現地の人々が賑わうレストラン

レストラン入口画像

「ここ、入ってみようか?」

空腹で、とにかく何か食べたいという気持ちになってきていた。

「美食」という文字があるので、きっと美味しい物を食べることができるはずだ。

 

レストラン円卓テーブル画像

 

レストランに入ると、一つの円卓に案内された。

レストランは想像以上に広く、まるで結婚式の披露宴会場のようだった。

白い布が掛けられた円卓テーブルが、所狭しと並んでいて、地元の人々が食事を楽しんでいた。

 

こういうローカル感、いいねぇ。

 

まずはお茶の種類

席に着くと、店員のおばさんに、何やら広東語で質問された。

そういえば、ガイドブックに書いてあった。

飲茶のお店では、まずはお茶の種類を聞かれると。

「ティー?」

って言ってみたけど、「は?」って言われた(笑)

 

ジャスミン茶かプーアル茶が飲みたいのだけど、広東語では何というのだろうか?

 

店員のおばさんは、他の店員さんに

「あの人たち、日本人だ」って言いに行った。(←想像ですが)

 

そして、写真付きのメニューを、夫と私の目の前に、バサッと置いた。

 

飲茶の店は、ワゴン式とオーダー式がある

経験してみたかったのはワゴン式。

ワゴン式のお店は、ワゴンで運んできた飲茶を覗き、食べたいものがあったら貰う。

 

こちらのお店はオーダー式だった。

適当に入ったら、飲茶のお店だったので、それだけでも良しとしよう。

 

オーダー用紙画像

 

写真のような、メニュー兼オーダー用紙が、テーブルの上に置いてあった。

食べたいメニューの横の欄に、ほしい分の数字を記入して店員に渡す。

 

メニュー画像

 

私たちは、写真付きのメニューを貸して貰えたので、指差し注文して、さっきの店員のおばさんに代わりに書いてもらった。

この店員のおばさんは、態度が悪いけど、悪い人ではないのだ。

ただ、香港人は日本人より接客も雑なだけ。

お茶は、店員のおばさんが勝手にチョイスして、運んで来てくれた。ジャスミン茶だった。

 

絶品飲茶

飲茶画像

美味しそう!

さっきの店員のおばさんとは別のおばさんが、ワゴンで運んで来てくれた。

オーダー式のお店なのに、ワゴン体験ができて嬉しかった。

 

飲茶画像

 

「叉焼包」これ、美味しすぎる!

チャーシューが豚の角煮のような味で、たっぷり入っていて、日本人が大好きな味。

 

飲茶の画像

 

「エビの蒸し餃子」

エビたっぷりな贅沢餃子。美味しいに決まってるよぉ。

 

ちなみに、3品目は香草やピーナッツが入っていて、微妙な味だった(笑)

 

フィンガーボールで食器を洗う

夫と私が食事をしていると、次々を相席になった。

現地の人々を観察していると、注文後、目の前にあるお茶や水で、それぞれ食器を洗い始めた。

え? 私たちは、洗わずに使っちゃってるけど・・・

 

飲茶やさんでは、席に食器類がセッティングされているので、埃などを洗っているのかも。

昔ながらのローカルなお店では、みんながやる行為らしい。

 

食器を洗っている画像

 

一部は使っちゃったけど・・・すでに食べ始めているけど・・・

一応、マネして洗ってみた(笑)

地元の人と相席になるのも、新しい発見があって面白い。

 

ここでの食事は、3品で70.50HKD(約1100円)だった。

 

日本人は私たち夫婦だけの、ローカル飲茶体験、無事に完了。

楽しかったし、美味しかった。

 

雑な店員のおばさんも笑顔で見送ってくれた。

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。