香港 夫婦旅③ 夕食は「小蜜蜂」~沙田地区を散策~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
食堂外観画像

2015年8月20~23日の日記

こんにちは。tabizumaです。

香港へ到着~夕食の日記です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

香港へ到着

香港は6年ぶり。訪れるのは3回目だった。

3回とも、私は夫と訪れている。

香港空港内画像

 

今回のツアーはホテルと飛行機がセットになったフリープランで、空港~ホテルの送迎だけが着いていた。

 

迎えに来てくれたガイドさんは、20代だと思われる男子で、顔にたくさんのニキビが可愛らしかった。

香港の若者はニキビ率が高い気がする。一年中暑くて、湿気が多い気候のせいだろうか?

私も若い頃は、随分ニキビに悩まされた。プロアクティブで改善されたので、ニキビだらけの若者に出会うとプロアクティブをプレゼントしたい気持ちになる。実際にはしないけど(笑)

 

ツアーのお迎えの場合、他の旅行客と一緒にホテルまで送ってもらうことが多い。

今回は私たち夫婦だけのために、迎えに来てくれていた。ちょっと贅沢。

タクシーでホテルまで送ってくれた。

ちなみに帰国日も私たち夫婦だけだった。この時と違ったことは、タクシーではなく、大きなバスで迎えに来たこと。

 

ホテルは4つ星

ホテル部屋画像

 

宿泊ホテルは「リーガルリバーサイドホテル」

4つ星ホテルなので、とてもキレイ。

 

もう夜の11時ですが、香港一日目、香港飯(めし)を食べておかねば・・・

深夜までやってる食堂を求めて、夫と私は外に出た。

 

沙田地区を散策

リーガルリバーサイドホテルは沙田地区にある。

ここは香港中心部から離れていて、学校や団地などが多い。

なんと、ここ沙田地区は郊外すぎて、今回の香港旅行のために買った「まっぷる」の地図に載っていないのだ。

マジか?

 

ホテルを出て、なんとなく気の向いた方へ夫が歩き出す。

私はキョロキョロしながら、夫の後をついて行く。

 

夜遅くても大丈夫

商店街画像

 

少し歩くと商店街のような小さなお店が並んでいる通りがあった。

食堂も多く、夜11時をとっくに過ぎているというのに、意外と人も多かった。

食堂で食べている人もいたが、ほとんどの店はテイクアウトが可能なようで、仕事帰りの人々がテイクアウトしている姿を多く見かけた。

 

夫と私は、現地の人々のマネをして、テイクアウトしてリーガルリバーサイドホテルの部屋でゆっくり食べることにした。

3時間の高速バスと5時間の飛行機での移動で、二人とも疲労困憊だったのだ。

 

選んだお店は「小蜜蜂」

食堂外観

店内には入らず、店の入口で注文できる。

外にはテイクアウトのお客用に、いくつか椅子が並べられていた。

広東語は読めないが、適当に美味しそうな漢字を3品選んだ。

唯一理解できる「焼飯」(チャーハン)は、外せない。

 

美味しい夕食

小蜜蜂の容器画像

容器も可愛い♪ 「小蜜蜂」→小さな蜜蜂

雑貨屋さんの名前にも出来そうなくらい、可愛い名前。

お店のおばちゃんも、このイラストが入ったTシャツを着ていた。

 

小蜜蜂3品画像

 

ありゃりゃ?

チャーハンが無いんですけど・・・

「なんちゃら焼飯」を指差したつもりが、違ったのかなあ。

 

チャーハンが食べられなかったのは残念だけど、香港テイストの味付けで、3品ともとても美味しかった。

食べきれなかった分は冷蔵庫に入れて、明日の朝ごはんにしよう。

香港一日目、これにて終了。

お腹一杯。お休みなさい・・・

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。