十勝川温泉でのイチオシ!第一ホテル「豆陽亭」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
夕食バイキング画像

こんにちは。tabizuma(タビズマ)です。

今日は久しぶりの北海道情報です。

抜群に美味しい北海道料理を食べることができる温泉宿をご紹介します。

スポンサード リンク


 

十勝川温泉 第一ホテル

tabizuma(タビズマ)がご紹介するのは、北海道の十勝川温泉で一番のお気に入り宿

「十勝川温泉 第一ホテル」

十勝川温泉第一ホテルでは「豆陽亭」「豊州亭」の二つに分かれており、「豊州亭」では全客室に露天風呂が付いています。

予算に余裕のある方には「豊州亭」をオススメします。

tabizuma(タビズマ)が宿泊したのは、安い方である「豆陽亭」です。

豆陽亭の客室

客室画像

畳の部屋もありますが、tabizuma(タビズマ)はベッドの部屋を利用しました。

夫婦二人には広さも十分。

テラスからは、静かに流れる十勝川が見渡すことができます。

十勝川

日が沈むころに一枚パチリ。

ね?キレイでしょ?

夜はライトアップもされるので、よりキレイな眺めになりますよ!

昨年の台風で、この静かな川が氾濫したことを思い出すと、ちょっと切なくなります。

客室内のお風呂

ヒノキ風呂画像

なんと!

普通はユニットバスですよね!

客室内にヒノキ風呂とは、なんて贅沢なんでしょう!

見た瞬間テンションが上がりましたが、大浴場が充実しているので、部屋のお風呂を利用することはありませんでした。

訳あって、大浴場を利用できない方は、部屋のお風呂で楽しめますね!

アメニティ

客室画像

部屋にドリップ式コーヒーの機械がありました。

ホテルのグレードの高さを感じさせます。

食事

北海道に来たなら美味しい食事をしてもらいたい。

tabizuma(タビズマ)は常々そう思っています。

夕食バイキングの一部を写真でご紹介します。

御造り

御造り画像

北海道に来たなら、美味しいお刺身を食べたいでしょ?

ここはバイキング!

好きなだけ食べちゃってください!!

カルパッチョ画像

これも。

カルパッチョ画像

これも。

好きなだけどうぞ!

tabizuma(タビズマ)はナマモノが苦手なので、お肉を食べます!

ステーキ画像

北海道牛のステーキ。

分厚いお肉を何枚食べても怒られませんよ。

このステーキを一人でお皿いっぱいにしているおじいちゃんがいました。

ナイス!

たくさん食べて、大きくなーれ!

お肉を食べる老人は元気ですからね。

長生きしてください。

ラクレット画像

みんなの憧れ「ラクレットチーズ」

そばに置いてあるパンやジャガイモにかけて食べます。

そのジャガイモも甘くて美味しい「キタアカリ」

抜かりがないですね。

他にも美味しいメニューがわんさかありました。

ふぅー。

もうお腹がはち切れそう。

でもでもでも・・・

スイーツも攻めます!

アイス画像

「花畑牧場」のバニラアイスにトッピングを混ぜてくれます。

tabizuma(タビズマ)は・・・

トッピング全部入れ。

アイス画像

はぅ・・・美味しい~

当然ですが、スイーツゾーンにも美味しい物がわんさかありました。

朝食

朝食バイキングも期待を裏切らない美味しさです。

オススメは「パン」

ホテル内で焼いていて、売店では販売もされています。

美味しいので、ぜひ食べてみてくださいね!

大浴場について

お風呂なので画像はありませんが、こちらのホテルは昨年の台風の被害にあいました。

台風が去った後、改装リニューアルオープンをしているので、水没した大浴場は新しく生まれ変わっています。

女子が気になる脱衣所は、サロンのようにキレイになり、露天風呂は滝つぼをイメージした素敵な演出になりました。

タオルやバスタオルも部屋から持っていかずに、脱衣所に完備されています。

まとめ

とにかくtabizuma(タビズマ)は、ここが好きなのです。

夫の両親の還暦祝いも、tabizuma(タビズマ)の両親の還暦祝いも、ここでお祝いしました。

理由は食事が抜群に美味しいから。

サービスもtabizuma(タビズマ)のような庶民には、「ちょっと贅沢」くらいでちょうどいいのです。

 

十勝川温泉第一ホテル 豊州亭 豆陽亭

〒080-0263
北海道河東郡音更町十勝川温泉南12
TEL:0155-46-2231
スポンサード リンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。