北海道帯広市 「馬の資料館」に行ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
外観画像

こんにちは。tabizuma(タビズマ)です。

今日は競馬場や「とかちむら」に行ったついでに、ふらっと寄ることができる「馬の資料館」のご紹介です。

 

スポンサーリンク



 

入場料は無料

展示品画像

「とかちむら」に行った際、ふらっと寄ってみました。

だって、入場料が無料だったのです。

 

馬は働き手だった

展示品画像

十勝・帯広は畑が多いですからね。

昔は、十勝の肥沃な土地を、馬が耕してくれていたんですね。

昔の人々と馬が、力を合わせて生きていた様子が伺えます。

 

馬に使っていた道具

展示品画像

2階には、馬に使っていた道具が展示されていました。

馬のための医療道具や、受精方法など、昔、実際に使用されていたと思われる品々が展示されています。

競馬と受精は密接な関係みたいですね。

 

馬の資料館

展示品画像

なんとなく入ってみましたが、以外と楽しめました。

わざわざ行くほどではありませんが、競馬場の敷地内にありますので、「帯広ばんば」や「とかちむら」に来たついでになら、寄ってもいいと思いますよ。

入場料は無料なので。

 

とかちむら

外観画像

帯広競馬場の敷地内に、十勝の産直市場、スイーツ、レストラン、帯広名物のぶた丼やラーメン、神社までそろっています。

馬に興味がなくても楽しめますよ。

 

関連ブログ

*十勝のお土産大集合「とかちむら」に行ってみた。

*「とかちむら」スイート&セレクトに行ってみた。

 

スポンサーリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。