バンコク女一人旅~ハンサムな大仏様と王宮巡り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

3日目は、バンコクで出会った超ハンサムな彼に7年ぶりに会いに行きます。


スポンサード リンク



 

バンコクの3大寺院

ワット・プラケーオ&王宮、ワット・ポー、ワット・アルン

この3つの寺院は近いので、バンコク観光では一気に周るといいですよ!

tabizuma(タビズマ)は7年前に周っているので、ワット・ポーだけ行くことにしました。

なぜ、ワット・ポーだけ再訪問するのかって?

だって、ここには、めっちゃハンサムな大仏様がいるんだもの!

ワット・ポーの涅槃像

ハンサムでしょ?

初めて会った時に恋に落ちて、携帯(当時はガラケーでした 笑)の待ち受け画面を向井理からこの大仏様に変更したくらい「ズキュン」でした。

tabizuma(タビズマ)の興奮が伝わるかしら?

しかも、めっちゃデカい!

どーんと、でっかく横たわって余裕シャクシャクでほほ笑んでいる大仏様の横を、セコセコ動き回っている小さな人間達(←私も含めて)

人間の微力さを感じちゃう。

ついでに煩悩を捨てよう!

このハンサムな涅槃像が横たわっている所に、108個の壺が並んでいます。

108個と言えば、煩悩の数!

そこにコインを一つずつ入れることで、煩悩も一つずつ捨てることになるそうです。

ちなみに、108枚のコインは20バーツで購入できます。事前に準備する必要はないのでご安心を。

なんせ、108枚もあるから。

生まれつき大雑把なtabizuma(タビズマ)は、ポンポンポンとリズミカルに入れていきました。

途中のどこかで、2枚入れちゃったのかな?

壺が2個余ってしもうた!

煩悩捨てきれず。残念ながら、2個残留です。

ワット・ポーの観光を終え外に出ると、すっごい煌びやかな建物が見えました。

王宮は行ったことがあるけど、ついでだし見に行きまひょ!

お隣は王宮

お隣だけど、それぞれの敷地が広いので、めっちゃ歩きます(涙)

暑さと空腹で、ちょっとクラクラしてきました。

王宮周辺は食堂が少ないので、昼時は大混雑。事前に食事してきた方がいいかもしれません。

とりあえず、食事して休憩したけど、いつものように元気が出てこない。。。

旅を始めて11日目。40代に突入したtabizuma(タビズマ)の体に、そうとう疲れがたまっている模様。

力を振り絞って、王宮に入ります。

半ズボンはNGです。

人混みの中、係のおばさんがtabizuma(タビズマ)に向かって笛を吹きました。

膝下ズボンを履いていたのですが、ズボンが短いからと入場拒否。

別室に連れていかれて、赤い巻きスカートを強制購入させられました(泣)

チェンマイのプーピン宮殿でも半ズボン認定を受けています。ロイヤル系の場所は寺院系より判定が厳しい。。。

だけど観光中、ミニスカートを履いている中国人おばさんを何人も見かけ、なんでやねん!

tabizuma(タビズマ)が捕まったのは、煩悩を捨て残したせいかもしれません。。。

入場料の高さに、更にテンションが下がり、気分も体調もすぐれない。

それでも王宮は、写真に納まりきらない大きなスケールで、とってもゴージャスで素晴らしい場所でした。二度目でも改めて感動。。。

 

そろそろ旅の終盤です。スーパーに行ってお土産でも買おうかな。

「バンコク女一人旅~タクシーがメーターを使ってくれない!」に続く・・・

前日のブログ→ バンコクの中心街 サイアム地域をぶらぶら歩き

tabizuma(タビズマ)の珍道中 バンコク一人旅はこちらです(^-^)/

【関連ブログ】

東南アジアを女一人旅~服装・持ち物編

チェンマイ女一人旅~たらい回し?ドイ・ステープ、プーピン宮殿半日ツアー

スポンサード リンク



海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。