女一人旅~バンコクの中心街 サイアム地域をぶらぶら歩き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

バンコク2日目、午前中はタリンチャン水上マーケットを楽しんで、午後からはバンコクの中心地である「サイアム・スクエア」周辺をぶらぶら歩きしました。


スポンサード リンク



 

タリンチャン水上マーケットからバスに乗り、サイアム地区へ。この辺かな・・・って適当にバスを降りたら、早すぎました(涙)

せっかくなので、歩きながら街並みを楽しみまひょ!

それにしても・・・暑すぎて・・・苦しい・・・

サイアム・スクエア

ショッピングモールが立ち並ぶエリア。駅に直結していて、超便利です。バンコクでのお買い物を楽しみたい人には最適です。

バンコク・アート&カルチャー・センター

猛烈な暑さの中、結構な距離を歩いてヘロヘロに。

なんだか良さげな建物が見えてきました。観光ポイントのような予感!tabizuma(タビズマ)レーダーが反応しました。

しかも入場料無料!

中ではオシャレな雑貨、カフェ、アート用品のお店などが入っていました。

皮のバッグや小物などをアーティストが制作しながら販売していたり、画家が似顔絵を描いてくれるコーナーがあったりして、見ているだけでも楽しくて、涼しくてキレイ!

tabizuma(タビズマ)はエスカレーターを1階ずつ上り、各階を楽しみました。

疲れたので、ちょっと休憩。カフェに入り、カフェラテを注文。東南アジアを歩いていると、ついついフルーツシェイクばかり飲んでいて、コーヒー系を飲むのは久しぶりでした。

オシャレすぎて、ここが東南アジアだということを忘れちゃう!

ゆっくり休んでから、近くのショッピングモールへ移動です。

ここは・・・

TOKYUー東急デパート

田舎者のtabizuma(タビズマ)は、東急デパートに縁がない。初めての東急がバンコクって(笑)

あ!ナラヤだ!!

NaRaYa

リボンをモチーフにしたバッグや小物などを扱っている人気のタイブランドのお店です。

tabizuma(タビズマ)はナラヤが大好きなので、テンションが上がりました。

ワコール

皆さんご存知、高級下着のワコールも東急デパートに入っていました。

しかも嬉しいセール中。価格を見てみると590バーツ(2000円くらい)からありました。日本で買うより3分の1?4分の1?とにかく、めちゃめちゃ安い!

tabizuma(タビズマ)は最近、太ったり痩せたり太ったりしていたので、店員さんにサイズを測ってもらいました。

B or

それはないでしょー。胸から痩せて、お腹から太ったけれども(笑)

「No!  or

店員さんに測ってもらった意味が全くないのですが、苦笑いする店員さんを気にせずに、自分が思うサイズで試着して購入しました。

寄せるお肉は無限にあるのです(笑)

 

そういえば、「ジム・トンプソンの家」もサイアム地区にあった気がする・・・

ジム・トンプソンの家

タイのシルク王であるジム・トンプソンが住んでいた家。現在はショップやレストランになっています。

tabizuma(タビズマ)はグーグルマップを開き、場所を確認。最短ルートを選んだつもりだったのですが、路地のような道に入り込んでしまって行き止まりばかり。

ここは迷路なのか?

挙句の果てにホテルの敷地に侵入してしまったらしく、ホテルマンが出て来てしまいました。

「どうしたんですか?」

「ジム・トンプソンの家に行きたいんです」

「あっちの川からボートで行くといいですよ!」

マップでは陸続きに見えたのですが、ホテルマンはボートを使って行けと言う。

親切に自転車を持ってきて、一緒にボート乗り場まで案内してくれました。

この先に、ボート乗り場があるらしい。

薄暗くて、なんか怖い・・・

でも勇気を出して進んでいくと、ボート乗り場がありました!

少し待って、やってきたボートに「ジム・トンプソンの家に行きたい」と伝えると、

「歩いて行きなよ」

ボートに乗らなくても行けるのかい!

言われた通りに薄暗い細い道を進んで行くと、ついに「ジム・トンプソンの家」がありました!!

でも「ワイン&レストラン」って看板があって、見るからに超高級店!

ちょっとショップを覗いてみたかっただけなのに、なんだか敷居が高いぞ。

入るのを躊躇していた所に、二人の日本人マダムが店から出てきました。

「ショップを見たいだけなんですけど、入っても大丈夫そうですか?」

「ここは、ただのショップだから大丈夫だよ。レストランは奥にあるみたい」

安心して中に入ると、ストール1枚で6000バーツ(2万円以上)もするやんけ。他の商品も高級すぎて手が出せない価格でした(涙)

tabizuma(タビズマ)には、ラオスで買った1枚1ドルのストールがあるからね。

それにしても苦労して来たのになぁ。

店から出て、さっきとは反対方向へ歩きます。こっちから来ていれば、すごく近かったのに(涙)

疲れ過ぎて、もう頑張れない・・・

タイ式マッサージ

幸運なことに、マッサージのお店がありました。タイにいるんだし、タイ式マッサージを受けちゃおう!

60分間のタイ式マッサージで気分も回復!

そろそろ夕方だし、ゲストハウスに戻りまひょ!

tabizuma(タビズマ)の宿泊しているゲストハウスは駅がないのでバスでの移動です。

本当はゲストハウスの近くに行くバスもあるのでしょうが、難易度が高すぎるので、とりあえずカオサン地区へ。

カオサンで夕食を

さっきまでいたオシャレなサイアム地区とは雰囲気が変わり、タトゥー屋さんが多いカオサン地区を歩きます。

相変わらず「タトゥーをいれないか?」と声を掛けられますが、他にも洋服屋さんや食べ物屋さんなど、色々なお店が並んでいるので、とても楽しい!

タイの代表的な麺料理「パッタイ」を食べて帰りました。

すっごく疲れたので、今夜はゆっくり休もう!

 

「バンコク女一人旅~ハンサムな大仏様と王宮巡り」に続く・・・

前日のブログ→ バンコク女一人旅~土日限定!タリンチャン水上マーケット。

tabizuma(タビズマ)の珍道中 バンコク一人旅はこちらです(^-^)/

【関連ブログ】

東南アジアを女一人旅~2週間で掛かった旅の費用はいくら?

 

スポンサード リンク



海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。