バンコク女一人旅~最後の夜は激安マッサージとタイ料理。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。

ゲストハウスに戻り、仮眠したので少し気力が戻ってきました。

もう夕方ですが、部屋にいても暇をもてあますので外にでます。

実はさっき、ゲストハウスの近くで、気になる看板を見かけたんです。


スポンサード リンク



 

タイはマッサージの本場

tabizuma(タビズマ)にとって、東南アジア旅の楽しみの一つ

安いマッサージを満喫すること。

しかも、タイはたくさんのエステティシャンが修行に来るほどのマッサージの本場。

さっきは体調不良でスルーしちゃったけど、ゲストハウスの近くでこんな看板を目にしていたんです。

フットマッサージ 30分 120バーツ(400円くらい)

このマッサージを受けなかったら、逆に損じゃない?

前日に別のお店でタイ式マッサージを受けたばかりだけど(笑)

お婆さんは営業上手?

入口にいたお婆さんに迎え入れられ、お店に入りました。

店内にはカーテンで仕切られたマッサージ用のベッドが3台並んでいて、小さな女の子が一人、お婆さんの元に駆け寄ってきました。

家族経営なのかな?

マッサージしてくれるのは女の子のお母さんなようで、女の子はお母さんを呼びに行きました。

30分のフットマッサージを頼んだのですが、お婆さんは

「マッサージは気持ちいいよー。1時間した方がいいよー」

「いえ、30分コースでお願いします」

「1時間した方がいいと思うなー」

お婆さんの営業トークはマッサージが始まっても、更に続きます。

うぅ・・・しつこい・・・

これじゃあ全然休まらないよ・・・

観念したtabizuma(タビズマ)は

「わかった。じゃあ、1時間の全身オイルマッサージに変更して」

やっと、ゆっくりマッサージを受けることができました。

マッサージ中、お客さんが連続でやってきて3つのベッドは埋まりました。

意外と人気店じゃん!

しかもマッサージのお姉さんはちゃんと3人いたので、tabizuma(タビズマ)の想像していた家族経営ではなく、お婆さんはこの店のオーナーなのかも(笑)

あー、気持ち良かった。

全身マッサージに変更してもらって、正解でした!

お土産はスーパーマーケットで

昼間のうちに、大きなスーパーマーケットへ行くつもりだったけど、近くのスーパーでいいや。

箱菓子画像

近所の小さなスーパーマーケットだったけど、行ってみたら、お土産向きの箱菓子も売っていて大満足!

自分用には一番高いココナッツオイルを買っちゃおー。

【関連ブログ】

女一人旅 タイのチェンマイ・バンコク お土産お買い物編

KCゲストハウス

宿泊していたKCゲストハウスは、レストランも経営しています。

最後の夜はここで食事しようと決めていました。

毎日挨拶してくれるゲストハウスのお婆さんに、トムヤムスープを注文して

「荷物を部屋に置いてくるね。すぐ戻ってくるから!」

レストランに戻ると、すぐに準備してくれました。

とっても辛くて美味しいトムヤムスープを汗だくになりながら、堪能しました。

タイの暑さの中の激辛スープ。

吹き出る汗をキッチンペーパーの代わりとして、テーブルの上に置いてあるトイレットペーパーで押さえます。

部屋に戻って気が付いたのですが、トイレットペーパーのカスが顔や首に張り付いているやんけ!

(涙)

まあ、部屋に戻る前にコンビニに行っただけだから、顔面にトイレットペーパーを張り付けた女(←私)を目撃した人間は多くない。

まさに「旅の恥は搔き捨て」だね(笑)

「帰国日は空港までのスーツケース移送サービスを使うのが便利」に続く・・・

 

前日のブログ→ バンコク女一人旅~タクシーがメーターを回してくれない!

tabizuma(タビズマ)の珍道中 バンコク一人旅はこちらです(^-^)/

【関連ブログ】

女一人旅~タイのバンコク「KCゲストハウス」に宿泊した。

女一人旅~タイのバンコクで食べた美味しい物!

スポンサード リンク



海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。