女一人旅~英語ができない日本人!英語ガイドのツアーで大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、tabizuma(タビズマ)です。
皆さんは英語ガイドのツアーを選択肢に入れたことがありますか?

日本語ガイドのツアーを英語ガイドのツアーに変えるだけで、料金は半分~3分の1におさえることができるんです!!


スポンサード リンク



初めに結論を言っちゃうと

「なんとかなります」

だって、tabizuma(タビズマ)が大丈夫だったのだから。

英語力はどのくらい必要?

tabizuma(タビズマ)は、英語ができると勘違いされることがあるのですが・・・

皆さんにもわかり易いように、数字で発表します。

TOEICの点数は450点。

平均点にも満たないレベルです。お恥ずかしい。

おそらく、このブログを読んでくれている皆さんの方が、英語レベルは高いのではないでしょうか?

ぎりぎりコミュニケーション

こんな英語レベルでも、外国人と英語でコミュニケーションがとれるんです。

本当にギリギリですが。

例えば・・・

日本旅行したことがある中国人カップル

チェンマイのナイトサファリで一緒だった中国人カップルです。

日本旅行が楽しかったようで。日本人であるtabizuma(タビズマ)に声を掛けてくれました。しかも旅先は北海道!

「tabizuma(タビズマ)は北海道から来たんだよ!」なんて、さらに親近感。

北海道旅行で楽しかったことを、たくさん話してくれました。

優しくてフレンドリーなアメリカ人

首長族の村でアメリカ人と

首長族の村でアメリカ人とチェンライ1dayツアーで一緒だったアメリカ人女性。

彼女は友人と参加です。車の席が隣だったことで、一人参加のtabizuma(タビズマ)をとても気遣ってくれました。

tabizuma(タビズマ)の英語レベルを察し、ゆっくりと簡単な英語を使ってくれました。

娘が日本で働いている白人男性

こちらもチェンライ1dayツアーで一緒だった男性です。

娘さんが日本で働いていることで、日本人であるtabizuma(タビズマ)に親近感を持ってくれたみたい。

翌週には日本へ行き、娘さんと北海道の温泉にも行くらしい!

ここでも「北海道」が登場して、ちょっと嬉しい(^^♪

ゴールデントライアングルで撮影したラオスキッズの写真を見せると、「君の子供たちか?」

「違うよ!さっきの場所にいたラオスキッズだよー」

日本人から見たらラオスキッズは完全な外国人なのに、欧米人にとっては日本人もラオス人も同じアジア人。見分けがつかないんだなーと感じた一瞬でした(笑)

tabizuma(タビズマ)もアメリカ人とヨーロッパ人の区別がつかないしなあ。

バンコクから旅行中のタイ人マダム

ドイステープでタイ人女性と

ドイステープでタイ人女性とチェンマイの山の上にあるお寺「ドイ・ステープ」半日ツアーで一緒だったタイ人マダムです。

彼女はtabizuma(タビズマ)の分までロウソクや献花を買ってくれて、お参り方法を教えてくれました。

4人のアメリカン

クアーシーの滝でアメリカ人達とラオスで滝を見に行った時の参加メンバーは、この5人。

英語が飛び交っている中、当然tabizuma(タビズマ)は会話に入れないです。

でも、一緒に過ごしているうちに仲良くなりました。

英語ガイドたち

英語ガイドのツアーには様々な国の人が参加します。

ヨーロッパからの観光客も英語は母国語ではないし。

なので英語ガイドは、みんなに伝わるように「ゆっくりはっきり」した英語を使ってくれることが多いです。

tabizuma(タビズマ)は、新しいガイドさんに会うたびに、挨拶をして、
「アイ スピーク ア リトル イングリッシュ」(私は英語が少ししかできません)と伝えました。

ガイドさん達は全員、
「ノープロブレム!」(問題ないよ)と言ってくれましたよ!

自由時間の時も、tabizuma(タビズマ)が集合場所や集合時間をちゃんと理解しているか確認してくれました。

無理にコミュニケーションをとらなくても大丈夫

今日は英語ガイドのツアーで出会った中で印象に残っている人々を紹介しました。

エピソードは、ほんの一部。他にもたくさん外国人とのコミュニケーションがとれました。

しかし、参加者全員と仲良くする必要はありません。外国人がみんな日本人よりフレンドリーなわけでもないし。連れがいる人は、他の人と会話しない人も多いです。

tabizuma(タビズマ)の英語力を察し、距離をとってくれる人もいれば、めげずにコミュニケーションをとってくれる人もいます。それは日本人同士でも一緒ですよね!

移動中は寝てればいいし(笑)

ちゃんと楽しめる

英語ガイドのツアーに参加することが、とても不安でした。

でも数時間から一日中、同じメンバーで過ごすので、別れる時には「お友達」という感覚になっていたりします。

そして、ちゃんと楽しかった!(←ここ重要 笑)

「たらい回し?ドイステープ半日ツアー」に続く・・・

前日のブログ→ チェンライ1dayツアーでホワイトテンプルと首長族

tabizuma(タビズマ)の珍道中 チェンマイ一人旅はこちらです(^-^)/

 

【関連ブログ】

女一人旅 ロイヤルパネライホテルチェンマイに宿泊した。

チェンマイのナイトサファリでキリンに触っちゃった!

スポンサード リンク





海外ローミングと比較して78%以上お得?
海外インターネットならGLOBAL WiFi

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。