九州女一人旅 in福岡⑫ 何かとツイてない日もある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
博多歴史館入口画像

2015年1月21~23日の日記

こんにちは。tabizumaです。

1日目:隣の櫛田神社を観光したのに、博多歴史館に寄り忘れ、
2日目:ネットで閉館時間を調べてから来たのに、すでに閉まっていた。
そして3日目:2度も行き損ねた「博多歴史館」へ3度目の挑戦。

結局この日も、いろんなタイミングで振り回されることに。

スポンサーリンク

 

 

福岡市博物館へ

福岡旅行最終日、午前中だけなら少し観光できそうた。

せっかく福岡に来たのだから、中学生の時の歴史の教科書に載っていた「金印」を見ることができるという「福岡市博物館」へ行ってみよう。

バス亭画像

ホテルをチェックアウトして、キャリーバッグをガラガラ引きながら、スマホのマップに案内してもらいバス停へ。

やって来たバスに一応確認。「福岡市博物館へ行きますか?」

運転手さん:「道路の向こう側のバス停ですよ。」

は?道路を渡って、こっちのバス停に来たんだけど。またスマホのマップに騙された。キャリーバックをガラガラ引きながら、さっき渡って来た道路を渡る。

バス停の時刻表を確認すると、待ち時間は5分程度。この日は風が強くて、寒かった。5分程度なら頑張れそうだ。

が、来るのは別の路線のバスばかり。何本も何本も別の路線を見送り、15分。

雪の北海道でもあるまいし、路線バスがこんなに遅れて来ることってあるのだろうか?

更にしばらく待ったが、到着するのは別の路線ばかりで、私の体はすっかり冷え切ってしまった。

我慢の限界!諦めよう。。。

トボトボと地下鉄の駅へ歩いていく私の横を、ずーっと待っていた「福岡市博物館」行きのバスが通り過ぎて行った。

あと1分、我慢すれば乗れたのに。心が折れた。

 

北斎とは縁がない?

地下鉄のベンチに座り考える。どこに行こう・・・

そうだ、さっきのバス停の前にあった「福岡アジア美術館」に行ってみよう!

福岡アジア美術館外観画像

ちょうど「北斎展」を開催中。

エレベーターに乗り合わせたシニアのグループと一緒に北斎展のフロアーへ。

シニアのグループが全員エレベーターから出るのを待ち、最後に私が出た。

これが悪かった。

チケットを買うため順番に並んでいたが、シニアのグループの一人が、ちょうど10000万人目に当たってしまったのだ。

その瞬間、待ってましたと係員は「入場者10000人目セレモニー」を開始。

テレビクルーがインタビューしたり、館長らしき人が花束贈呈したり・・・後ろで待っている私は入場すらさせてもらえない。

私は今日、北海道に帰るんだよ。飛行機の時間は刻々と迫って来ているんだよ。最後の観光にここを選んだのに。

なんじゃこりゃ。

福岡アジア美術館画像

無料で見学できるフロアがあったので、しばしこちらを見学しながら時間をつぶす。

そろそろ「北斎展」に入れるだろうか?戻ってみたら、セレモニーは終わっていなかった。

なんじゃこりゃ。

心が折れっぱなし

福岡旅行最終日、朝早くにホテルをチェックアウトしたのに、未だホテルの近所をウロウロしているだけ。

ずいぶん時間を無駄にしちゃったな。

川端商店街画像

2度も心を折られ、キャリーバッグをガラガラ引きながら、何度も歩いた商店街をぶらぶら歩く。

どこ行こう・・・

微妙に遠くへは行けないし、空港に行くには早すぎる。

 

ロト7画像

気分転換にロト7を買ってみた。

 

おみくじ画像

気分転換におみくじを引いてみた。

 

おみくじ画像

「思いがけない幸運も浮かれていると逃げちゃうよ」って…

私、そんなに浮かれてましたか?

3日連続櫛田神社

櫛田神社画像

川端商店街をぶらぶら歩いていたら、「櫛田神社」にたどり着いた。

3日連続で来ちゃったよ。

今日は開いてた博多歴史館

昨日は閉まっていた「博多歴史館」

今日は開いていた。せっかくだから、入ってみよう。

博多歴史館入口画像

受付のお兄さん、寝てましたね。。。

電気もついてなかったし、よっぽど人気のない施設なのかしら?

博多歴史館画像

「山笠ビデオ上映中」ってデカデカと掲げてあったけど、受付のお兄さんがビデオをつけ始めたのは、見学が終わろうとしている頃だった。しかも、接触悪くて、ちゃんと再生されてないし。

展示物は一応全部見たけど、つまんなかった。

ここの施設は入場料を取るべきではないですね。

本当にツイてない日だ。

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。