九州女一人旅 in福岡⑥ 「大宰府天満宮」に行ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
大宰府天満宮画像

2015年1月21~23日の日記

こんにちは。tabizumaです。

福岡一人旅、二日目は「大宰府天満宮」へ。

どしゃぶりの雨

雨の画像

この日の天気は「どしゃぶりの雨」だった。

遠い遠い北海道から来たというのに、ついてないなあ。

でも、1月の雨って、ちょっと新鮮。北海道では雪になっちゃうから。

冬の雨って、こんなに冷たいんだ。

 

天気の影響で、JRは予定時刻よりも、ずいぶん遅れていた。

出発駅の福岡駅で、しばらく待つことに。

 

大宰府行き急行列車「旅人」(たびと)

JR旅人画像

来た。大宰府行きの旅人(たびと)さん。

 

内装は6つの開運模様

ガイドブック画像

ガイドブックによると

1号車  縁結び
2号車  家内安全
3号車  安産
4号車  厄除け
5号車  健康長寿
6号車  学業成就

という6つの開運模様があるらしい。

 

私がほしい運は・・・4号車「厄除け」かな。

私は今、「前厄」「厄年」「後厄」× 2回 という、厄年だらけの30代だから。

 

「厄除け」を求めて、先頭車両から数えて4つ目の列車に乗った。

 

コレは4号車?

旅人(たびと)内装画像

夜、ホテルに戻ってから気が付いた。

この模様は・・・

旅人内装画像

まさかの 3号車「安産」?

「安産」なんて、一番いらない運なんですけど。。。。

 

知らぬ間に安産祈願をしながら、列車「旅人」(たびと)さんは、無事に大宰府到着。

 

梅ヶ餅と梅茶

雨がひどいので、一旦、屋根のあるお店に非難。

大宰府駅を出てすぐの「松屋」さん。

 

梅ヶ枝餅と梅茶画像

「松屋」さんの
梅ヶ枝餅と梅茶 120円

 

雨で下がり気味だったテンションが、梅ヶ枝餅の上品な甘さと、ピンクの梅茶に癒され、少し回復。

さあ、大宰府観光を始めよう!

 

鳥居

鳥居画像

気になるお店に時々入りながら、参道を少し歩くと、大きな鳥居が。

この鳥居は室町時代には、すでにあったらしい。

その気が遠くなるような年月の間、ずっと古都「大宰府」を見守って来たのかと思うと、この鳥居がとても誇り高く凛として立っているように見えた。

 

赤い3つの橋

大宰府の赤い橋画像

鮮やかな赤が印象的な3つの橋。

この3つの橋は、
それぞれ「現在」「過去」「未来」を現しているらしい。

知らないおじさんが教えてくれた。

「大宰府天満宮」に続く大切な道。

 

大宰府天満宮

大宰府天満宮画像

雨だけど、観光客がたくさん来ていた。

学業祈願で有名なので、受験生も多いのかも。

みなさんの願いが叶いますように。。。

 

屋根がある所を探しては、セルフィースティック(自撮り棒)で記念撮影。

雨が激しすぎて、観光に支障が。。。

それにしても、スマホが防水対応で助かった。

 

歴史館

歴史館画像

大宰府天満宮のご本殿裏には「歴史館」があった。

ご本殿には、あんなに観光客がたくさんいたのに、すぐ裏のここには誰もいない。

中に入ってみたが、見学者は私一人だけだった。

 

ここでは「菅原道真公」の生い立ち、生涯などについて、展示されていた。

 

梅の種納め所

梅の種納め所画像

雨の中を探し回って、ようやく見つけた「梅の種納め所」

ここに納めるために、はるばる北海道から持ってきた「梅干の種」一粒。

 

納めて、中を覗いてみると・・・

梅の種納め所画像

みんな、すごい量を納めているじゃん。

 

宝物殿は展示替

宝物殿にも行ってみよう!

宝物殿画像

 

展示替のため休館致します。

マジか?タイミング悪すぎでしょ。。。

 

虹色のトンネル

気を取り直して、次は「九州国立博物館」へ。

虹のトンネル画像

九州国立博物館へは、「虹のトンネル」を通る。

宇宙まで続いて行きそうな不思議な異空間にわくわくして、一瞬少年のような気持ちになった。

 

「大宰府天満宮 & 九州国立博物館」チケット

福岡一人旅が終了してから知ったので、私は使うことができませんでしたが、これらの施設にはお得なチケットがあるようです。

歴史館、宝物殿、九州国立博物館文化交流展示室(平常展)の3館を観覧できる共通チケットで、

本来なら

歴史館 200円
宝物殿 400円
九州国立博物館 430円
合計 1030円 のところ、

この共通チケットは500円で購入できるらしいので、かなりお徳ですね。

各施設で購入できるようなので、みなさん、ぜひご利用くださいませ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。