カンボジア(シェムリアップ)の通貨、両替、国際キャッシングについて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ATM画像

通貨について

カンボジアの通貨は「リエル」ですが、USドルが流通しています。

USドルで支払い、1ドル以下のおつりは
セントではなく、リエルで返ってくるのです。

例えば・・・

 

スポンサーリンク

 

1.5ドルの物を買うために5ドル札を支払うと、おつりには 3ドルと2000リエルが返ってきます。

おつりを用意していないお店が多く、 両替しに行こうとするので、待つのが、ちょっぴり面倒です。

なるべく小さいお金を準備して 支払った方が良いと思います。

そして、カンボジアではドルでもリエルでも、 硬貨は使いません。

全部お札です。

USドル画像

両替について

普段の旅行では現地通貨は用意しないで行き、現地に着いてからATMをみつけて、楽天カードで国際キャッシングをしています。

今回は、

①シェムリアップの空港にATMがあるのか わからないこと。

②カンボジア通貨「リエル」ではなく USドルを準備すること。

③ドルは1ドル札とか、5ドル札とか 小さなお金で準備すること。

などの理由で、千歳空港のトラベレックスで両替することにしました。

1ドル×20枚
5ドル×20枚
10ドル×3枚

合計150ドル

19055円でした。
(2015年6月11日現在)

トラベレックスでは、一度に10枚以上の両替は 断っていいらしく、お願いしたら、 在庫があれば・・・ という感じで対応してくれました。

クレジット決済は、JCBのみ可能だそうです。

私は、メインカードの楽天カードがVISAなので、残念。現金で支払いました。

ATM画像

国際キャッシングについて

気が付かなかっただけかもしれませんが、シェムリアップ空港の到着ロビーではATMを見かけなかった気がします。

街中では、ラッキースーパー入り口にATMがいくつかありました。

路上にも電話ボックスのようなATMがあったのを見かけました。

ただ、路上でお金をおろして大丈夫かなあ。。。治安的に。

ATMボックスを出た瞬間、ひったくりにあったりしないだろうか。。。

って、ちょっと思いましたので、利用するならラッキースーパーに行ったついでとかが良いかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。