カンボジア女一人旅「シティアンコールホテル」のフットマッサージに行ってみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
カンボジアでのマッサージ画像

2015年6月12日の日記
宿泊した「シティアンコールホテル」

フットマッサージが8ドルだって。
安い! やりたい!!

 

スポンサーリンク

 

8ドルマッサージ?

エレベーターの所にこんなたて看板があったのだ。

 

フットマッサージ看板画像

 

昼食後の休憩時に思い切って ホテルのスタッフに言ってみた。

「これ、やりたいんですけど・・・」

日本語で。

当たり前だけど、もちろん全く通じず。

スタッフは英語で答えてくれたけど全く通じず。

私、英語力が皆無なので。

本当は予約制だったみたいです。

何を言っても理解してくれない日本人(←私)に諦めて、ホテルの男性スタッフがサロンに案内してくれた。

 

素敵なサロンがあった

サロン画像

 

ホテル内に こんなに素敵なサロンがあったなんて!

ちょっと興奮。

サロン受付の女の子が、 英語でいろいろ言ってきたが 全く通じず。

私は本当に英語がわからんのだ。

ごめん。

ちょっとだけ聞き取れたこと。

「テン・ミニッツ」

おそらく10分待ってくれといわれたのだろう。

待ちますとも。予約もしないで突然押しかけちゃったんだから。

受付の女の子が ベットに案内してくれ、タオルをかけてくれた。

 

オークン

カンボジアでのマッサージ画像

「オークン」
覚えたえのカンボジア語での「ありがとう」を言ったら

「あなた、カンボジア語しゃべれるの?」(←想像ですが) みたいな感じで、 がんがんとカンボジア語で話しかけられてしまった。

もちろん、私には全然通じず。

「だって今、オークンって言ったでしょう?」 (←これも想像ですが) ってな感じで言われたので、「オークン オンリー、ソーリー」と言う私。

 

フットマッサージ?

数分後、 マッサージのお姉さんが来てくれた。

フットマッサージのつもりでお願いしたのだが、くるぶしまでだった。

30分間も。

ふくらはぎとかマッサージしてくれないのかしら?

あとから看板をよく見たら、 「フットスクラブ」って、ちゃんと書いてあった。

確かに スクラブで30分間もくるくるされたので、 私のかかとはつるつるになったさ。

マッサージのお姉さんに、 覚えたての「オークン」と言いながら、 1ドル渡した。

チップが必要だと予習したからね。

 

おつりが無い

USドル画像

 

受付のお姉さんには 「フットスクラブ」代の8ドルを。

10ドル札で支払おうとしたら、おつりが無いらしい。

「両替してくるから、ちょっと待ってて」(←たぶん)

なにー(怒)って一瞬思ったが、 しょうがないから、5ドル札と1ドル札を使い 8ドルちょうどで支払った。

カンボジアはおつりを用意していない店が多い。

だからなるべく 1ドル札を作りたいのだよー。

後から思ったんだけど、 受付の女の子にもチップって必要なのだろうか?

サロンまで案内してくれた男性スタッフにも チップは必要だったのだろうか?

日本人なので、 ついつい「オークン」で済ませちゃったけど・・・

 

スポンサーリンク

海外での会話はコノ1冊で心配なし!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。